top of page

癒しの旅:タントラヨニマッサージ

台北の極上のマッサージ


4年前のパートナーからの暴力事件がきっかけで、タントラヨニマッサージを受けることにした。その時、窒息するほど首を絞められて以来、人生において常に「絞められる」感覚が続いている。


歌を歌う時、腹部で振動は感じるが、それが頭蓋まで共鳴せず、高い音を出すことができない。声も変わった。さらに、性行為の途中で「絞められる」感覚があり、クライマックスに達することができず、突然興味を失う。私は、私の膣と子宮から喉や喉のチャクラまでのトラウマを癒すことを望んでいた。


高速鉄道での通勤からカウンセリング、治療全体を通じて、Kumarは癒しの完全なフレームワークと安心の空間を提供した。


セッションは、私の体の快感の道を活性化させることから始まり、痛みを解放するルートをより直接的で障害のないものにした。その結果、私の膣から多くの泣きポイントを掘り出した。私は自分が醜く泣くのを極限まで聞き、次に笑いに変わるのを感じた。


次に、Kumarが下で心地よい部分を触るのを感じ、それを楽しんだ。そして突然、新たな痛みの波が解放された。


泣いたり、笑ったり、気持ち良くなったりのサイクルが続き、私の体が必要とするものを解放させた。


セッションの終わりには、私の声はより低くなったが、非常におしゃべりになり、例えば「さっきそんなに油を使ったのに、なぜタオルが油っぽくないの?これらのタオルはどうやって洗うの?」といった様々な質問をした。


Kumarは話をやめるように言ったが、それは私を思考モードに戻すからだ。私は理解したが、通常、おしゃべりが増えるというのは外の世界との交流を望んでいることを意味するので、彼は私の好奇心旺盛な質問に答えた。


セッションから2日後、私の声はまだ低いが、まるで子宮からの力で話しているようだ。この2日間、私は自分が時々高い音程で楽しそうに笑うのを聞いた。この種のセッションがとても気に入っている。それは少なくとも1年間の心理カウンセリングに値すると感じている。



Comentários


今日焦點
追蹤
  • Facebook Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page