top of page

タントリック・トランスフォーメーション

台北の極上のマッサージ


タントリック変革に踏み込むか探求することを決めたとき、

その小さながらも非常に強力な種はすでに発芽を始めています...


1年前、私は全く同じセッション内容を体験しましたが、それが私の2つのタントリックセッションの間で唯一の類似点です。それを超えて、すべての感情、要素、体験は完全に新しく、さらに完全で、順応的で、平和で、繊細で、活動的でした...


まず第一に、この美しく目的意識のあるスタジオの創設者であるクマール師と、温かい助手のジョジョに出会えたことをとても嬉しく、感謝しています。私が初めてのタントリック体験後の感情を友人と共有するとき、それは深く核心的な内側の歯車を回したと表現しています。変革が進行中であることは分かりますが、それを正確に具体的に説明することはできませんが、完全に理解しています。


まず、まったく異なる自己を認識します。私の話し方が変わり、意識の質が変わり、出来事への反応が変わりました...これはより鮮明な自己、より「本来の」自己です。


タントリック変革は、私たちのエゴ、心、そして体にかかるほこりや束縛を取り除くのを助けます。私にとってのタントリック変革の洗礼は、厚いタマネギの皮を丸ごと剥がすようなもので(何の引っ張りもなく)、直接あなたをまったく異なるレベルへと導くものでした。これを「帰宅の道」と呼んでいます。


/


選んだコースは「瞑想+女神感覚エクスタシーの饗宴」で、この組み合わせがとても気に入っています。なぜなら、私が体験したいと思っていたすべての質を含んでいるからです。


💓瞑想の中で体験したこと💓

非常に超越的な透明感を感じました。私が自分の呼吸や体の各感覚に意識を集中するとき、例えば体の重さ、エネルギーの流れ、彷徨う思考や感情など、この繊細さが「私」に関するすべての情報についてより敏感に認識することを可能にしました。チャクラの呼吸サイクル中には、すべての七つのチャクラの回転をはっきりと感じ取ることができました。


瞑想のセグメントでは、二つの異なる感覚がありました。一つは、自分自身やクマール師に意識的に感じるもので、「私」と「彼」の間の境界線は明確で鮮明でした。(瞑想の全パートは目を閉じて行い、ある瞑想「心のタッチ」では、双方が交互に手で相手の体を触れ合うもので、最終的には同時に相互に触れ合います。まるで手で相手の体の地図を描くようなものです)。


もう一つの体験は、このような内観の過程で、全ての感覚に意識を集中したとき、ある段階で「私」の消失を体験しました。「私」の境界がなくなり、この認識が認識そのものになりました。


私は観察者となり、海草となりました(瞑想の一つ)。


私は呼吸となり、回転するエネルギーとなり、振動そのものとなりました……


※これを書いていて、私は本当に共有したいという強い願望を感じています。クマール師に個人的に多くの質問をしたり、多くの洞察を共有してきましたが、内なる表現のインスピレーションはまだ溢れています。ですから、このシェアは私のアカウントでタグ付けされ、体験した人に直接質問したいと思っている方を大歓迎します🥰。時には前進するために少しの確信が必要だと私は知っています。そして、私は新しいものに対してリスクを取ることと開かれているので、躊躇することなくそれを行いました※


Instagram@jiajia1106_


続けて説明します...


💓究極の感覚体験で味わえるもの💓

物質的な体が引き起こすより深い知覚を味わいました。タントラの質で触れ合い、キスをし、愛をしたとき、その体験は単なる外側の体の快感や興奮にとどまることなく、より繊細で統合された状態になります。極度の喜びの状態で、同時に極度の平和と調和を感じます。まず、体と心が気づきます:私は男性と交わっていて、どれほど喜びに満ち、融合し、素晴らしいか。それは変わって、私はこの瞬間のすべてと融合しました...... 目の前の男性は消え、私も消えました...


空間と流れていた音楽も消えました。


言葉にできない感覚が静かに現れました、それは最も純粋な「存在」でした。この内なるエネルギーの交錯と統合は、どれほど平和で、完全で、究極であったか......


そしてそれは私に、授業後に先生が言った言葉を思い出させました:「あなたは知っていますか、さっきの流れ(インタラクション)はあなたとあなた自身の男性的エネルギーとのインタラクションの表れでした。」そのとき私の頭は数秒間真っ白になり、何も反応できませんでした、それはあまりにも美しすぎました......


はい、性別に関係なく、私たち一人一人の内部には「内なる女性/陰的エネルギー&内なる男性/陽的エネルギー」が存在します。外部の対象と融合するとき、実際には体を通じて内部のエネルギー状態の陰陽が出会います。ほとんどの人はこれを実感することは難しいですが、日常の性行為は単なる解放になっています。オショはこの種の性行為を「くしゃみ」と表現しています。無害ですが、特に有益でもなく、ただの解放ですが、タントラの質を持つ性行為は統合され、昇華され、活力と創造力に満ちています。


先生の言葉を聞いた後、私は過去1年間の自愛の感覚と変容を、より感動的で喜びに満ちた視点で振り返りました。過去1年間、私の自愛の質は以前とは根本的に異なり、自分自身とのコミュニケーションから得られる喜びは、実際のパートナーがいる場合と確かに遜色ありませんでした。もちろん、それらは完全に異なる感覚ですが、もはや主要または従属の区別はありませんでした。


実際、今年は誰とも愛を交わしていませんが、自愛のプロセスで、パートナーがいるときや過去の自愛のときよりも、より究極で昇華された感覚を経験し続けています。だから私は「自愛」という言葉を使用し、「自慰」とは言いません。私にとって、自愛は愛を作る代替品ではなく、慰めではなく、抱擁であり、自己探求の喜びです。


これが私がタントラを愛する理由であり、これまでに出会った最も「身心霊」のアプローチです。それはどんな体験も除外せず、すべてを含みます... 私の身心霊の探求の旅は実は中学から始まっておりたので、今でも若く(24歳)で経済的には限られていますが、体験したり触れたツール/コース/システム/分野は少なくありません。タントラは私に全く異なる視点を開いてくれました。


タントラが「セックスを奨励している」と誤解している人もいるかもしれませんが、実際には性エネルギーについて避けずに話しています。タントラは私たちに、'人間であること'のすべてを受け入れ、抱擁することを教えます。性エネルギーは確かに生命の起源であり、偉大な創造力です。それはあなたと私の誕生です。


だから、もっと霊的なものを追求して身体的なものを捨てる理由はありません。両者は同じくらい重要です。また、体を鍛える時(フィットネスやヨガなど)に性/性エネルギーの探求や意識を無視する、避ける理由もありません…


常に開かれて、受け入れている状態を保ちましょう。


台南スタジオ「スピリチュアル・リビング」

初のタントラセッション後、1年間の変化を振り返る


時間がある場合には、タントラを体験しようとしているすべての人に、台南スタジオ「スピリチュアル・リビング」を訪れることを心からお勧めします!


この場所は3人の教師(Kumar/Ashana/Darshan)が共同で住んで管理しており、「タントラセッションスペース/小さな教室(瞑想とタントラ以外のセッションをリード)/宿泊用の部屋(朝食付き&朝夕の瞑想指導)/快適な食堂エリア/広い前庭の芝生、そして膨大な量の書籍があります...」


私はたった2日間滞在しましたが、まるで2週間「生活」していたような感覚でした!とても落ち着きがあり、充実しており、自由で、喜びに満ちていました... その名前に「生活」という言葉が含まれているのも不思議ではありません。時にはこの場所の一部になったように感じることさえありました!短い滞在でしたが、長く住みたいと思うほどでした🥰


宿泊のオプションがあることで、セッションの前後に多くの個人的な空間ができ、特にセッション後の沈静化が非常に必要になります。これにより、準備が整い、安定した心でセッション体験に臨むことができ、授業後のエネルギーフローと変化がより意識されるようになりました!


/


過去1年間に非常に多くの細かい変化がありました(すべての変化が連鎖的に関連しているため)、前の記事で一部の内容に触れましたので、この記事では前回の体験から生じた主な問題に焦点を当てて共有します:「第三チャクラの緊縮」。


前回の究極の感覚体験の第三段階で、途中で一時停止し、予定より早くセッションを終了したことを覚えています。その理由は、私の第二チャクラから湧き出る性エネルギーが非常に豊かだったのですが、このエネルギーが第三チャクラに上がるとき、まるで窒息されるように、自然に上に流れることができず、「交通渋滞、詰まり」といった状況が発生しました。


その時、授業後にこの状況について話し合いましたが、これは私と母親の問題、権威、境界、自己価値に関連しています。これは私に素晴らしいヒントを与え、さらに深い意識の良い機会となりました(これに驚きはありません。何年も前に治療の旅を始めたとき、私の問題のかなりの部分が母親と関連していることに気づいたので、さらに深い治療の機会があるたびに、積極的にそれに向き合うという約束を早くからしていました!)


また、このチャクラの緊縮と詰まりが、すでに私の「物質的な体」に現れていることにも気づきました(去年の共有で言及されています)。それは、愛をしたり、自愛をした後、私が理由もなく「ガス膨張」を感じることでした。ずっと悩んでいましたが、原因がわからなかったので改善することができませんでしたが、この実際のガス膨張は、同じ位置のエネルギー状態—第三チャクラ(胃部)を表していました。


授業後の最初の数ヶ月間、私は極端に硬い方法で、これを逆転させようと試みました。意図的に下の三つのチャクラに取り組みました(そうです、第三チャクラだけでなく、先生が私の上部のチャクラはかなり開いているが、下の三つは安定していないと言っていたので、彼らはもっと根付く必要がありました)。


そのため、あらゆる手段を尽くして彼らに注目し、母との関係により強い方法で対応し、意図的に怒りを感じる練習をし、憤りや力強く表現することを試みました。その時、私は毎日第123チャクラのオーディオを聞き、瞑想をしました。これは本当にやり過ぎで、行き過ぎでした😅、しかし今振り返ると、それが「間違っていた」とは思いません。なぜならそれがその時の私の過程だったからです。その時の私は、そんなに力を入れたかったのです。うまくやりたい、突破したいと思っていましたが、それが自然に流れることを許可することに気付かず、聞こうとせず、感じ取ろうとしませんでした。本当にすべきだったのは抑圧しないことであり、反対に放任することではありませんでした。


過剰な努力と執着を手放す時が来たと気づき始めたとき、それはただの最適な方法ではなく、状況をさらに詰まらせる可能性がありました。そこで、私は徐々にこの執着とコントロールを手放し、すべての出現する問題に対して警戒と認識を続けるようにしましたが、過剰反応や急いで逆転させることはもうしませんでした。

このようなより流れに乗った、自在な心持ちが、私が気付かないうちに治療を形成し、このセッションの体験で美しく表現されました。エネルギー状態から見ると、最初の部分の瞑想も後半の究極の感覚体験も、まったく異なる質を持っていました。


先生の反応:


「今回の流れは以前よりもずっとスムーズで、1から4まで性エネルギーの流れをスムーズに感じることができ、以前2と3の間で詰まっていた障害が大幅に減少しました。多くの性エネルギーがスムーズに上昇して心輪に到達しました。」(💁🏻‍♀️私ももはや膨張感を感じていません😊)


「最初のセッションで言及された性エネルギーの豊かさは、生命力や創造力などについてでしたが、今回は陽性エネルギーの剛性の表現で、この部分はおそらく過去に抑圧された内なる力と関連があります。一方で、あなた自身の第三チャクラの練習の効果もあるでしょう。これにより、このより陽性の内なる男性がより表現されることを望むようになりました。しかし、それがまだ未熟なときには破壊的または攻撃的な状態を示すことがありますが、それが悪いというわけではありません。それが物事の本質であり、それはさらに成長して成熟した中立の状態に入る必要があります。」(💁🏻‍♀️古い問題の交差が新しい問題を引き出したことは、本当にワクワクします😍)


「私たちが意識を異なるチャクラにもたらすとき、そのチャクラの質に入ることができます。その瞬間に留まり、体とエネルギーフローに従うことができれば、そのチャクラの状態をあなたに示すことができます。そのため、呼吸、声、身体の動きは確かに異なります。今回のあなたの呼吸は前回よりも完全で、空気はエネルギーであり、呼吸を通じて多くの癒しが起こります。」(💁🏻‍♀️この部分で、私は各チャクラの回転とその独特の違いをはっきりと感じ取ることができました—例えば、回転の振幅が異なり、サイズ/速度が異なります🌪)

先生のこれらの反応は、私の真剣な修行の下での最良の確認となりました😌🙏🏻✨️


最初のセッション体験と比較して、古いものが退去し、新しいものが現れるのは、より即座に、より明らかでした... 私はこれが環境(スピリチュアル・リビング)と私の自身の状態(過去1年間の自己修練)に関連していると思います


/


授業後の夕方、Ashanaと気軽におしゃべりをしました。夕食時の会話を覚えていますが、多くの感情が浮かび上がりました。私は授業後の疲労感を感じながらも、すべてに対する感受性はより明確になりました。それは、大泣きした後の状態のようなもので、とても解放され、疲れているけれども、とても快適で、明晰でした。(この疲労感は約2週間続きました)


夕方、階段間の多くの書籍の中から、そのうちの一冊「タントラの洞察」を見つけました。最初は適当にページをめくりましたが、読み進めるうちに…徐々に夢中になっていきました(実は私は特に読書が好きなわけではありません)!そして、しばしば感動し、2、3ページごとに、特定の段落や文によって涙を流しましたが、そのほとんどは理由がないものでした。(つまり、その話やその一節は涙を誘うタイプではありませんでした)


帰宅後、すぐにこの本をオンラインで注文しました。感想を書いているこの瞬間には、すでに最後の章まで読み終えています😍


/



翌朝、AshanaがOSHO Nadabrahma Meditation(音に関連する瞑想)をリードしましたが、これは私が前夜に盲目的に選んだ結果です。その時、Ashanaは私の現在の状態に合ったと感じる3つの瞑想を整理しました。その他の2つは👉🏻Chakra Breathing(チャクラ呼吸)とNataraj(ダンス)で、どちらもオショの瞑想です。


紹介を聞いた後、それぞれに興味を持ちました。「音に関連する瞑想はまだ試したことがない、良さそうだ」と私は言いました。それからAshanaは私に1〜3の数字の中から盲目的に選ぶように頼み、翌朝には分かると合図しました😉。私は迷うことなく2を選び、私が選んだのは音に関連するものだと信じていました。そして、本当にそうでした!


朝の瞑想が終わった後、了解を得て教室の音響システムをリビングルームに移し、エネルギーに満ちた音楽を流しました🎼


その時、このクラス後の流れと出現が本当に深いことをさらに実感しました... 頻繁に泣くことはもちろん、それぞれの涙には異なる質がありました... 私は自分の涙を「味わう」ことができました。


理由のない悲しみや葛藤が現れましたが、私の見解では、それらは単に外へ排出されるために現れるものです。もちろん、この見解さえも手放すことができます。なぜならそれがそれほど重要ではないように思えるからです。


その後、両方の先生は各自の部屋に戻りましたが、私は一人でリビングルームに留まり、「タントラの洞察」を引き続き楽しみながら読みました...


/


突然、ある力が私をリビングルームのダイニングチェアの通路へと導きました。


立ち上がりました。目を閉じました。そして踊り始めました。


私はこれまでにこんなにも明確な感覚を持ったことがありませんでした。このダンス、ダンスポーズ、ダンスアートは非常に原始的な力によって、私の体を内側から外側へ引っ張りました。


しかし、私は「導かれている」という感じではありませんでした。なぜなら私は完全に意識していたからです。しかし不思議なことに、その瞬間、私はまるで自分自身ではないか、あるいは「自分自身だけではない」と感じました。


私の体と心がこの力と一体となったとき、それは生命力に満ちており、異なる音楽のタイプに応じてダンスのタイプが変わりましたが、それは非常に自然でした。目を閉じている間、私は一度もバランスを失ったり、ダイニングチェアにぶつかったりすることはありませんでした(普通に目を閉じて歩くだけでもバランスを崩すでしょう)。


同時に、私のダンスには一定の一貫性と規則性があり、それは絶え間なく「円」(垂直、水平、または三次元的)を表していました。そのため、プロセス中に中断や停止する瞬間は一度もありませんでした。なぜなら円そのものには始点、終点、または曲がり角がないからです。毎瞬間が呼吸であり、次の瞬間を醸成していました。そのようにして、私のダンスは連続的で繰り返されない、循環とループを形成しました。


そのうちのある瞬間に、私は気づきました。実際には、この空間に感謝を表して祝福するために、ダンスを媒体として使っているのです。それは一種の儀式、祝典であり、ダンスを通じてこの空間に私のエネルジーと祝福を注入しました💓。この微妙な状態は、以前何度か参加した「OSHOダイナミック瞑想」の第二ステージといくらか類似していました。その時、私の内なるビジョンには、神秘的で神性のあるインドの女性ダンサーがはっきりと現れ、私は彼女のダンスに従い、彼女と鏡像のダンサーになりました。


しかし今回は、私の内部にはいかなる画像も現れませんでした。私はまるで「彼女」になったかのように感じました。


一時、頭の中で思いが浮かびました。「もし先生たちが部屋のドアを出て、リビングルームに来たらどうするか?私は踊り続けるだろうか?踊り続けたいだろうか?でも見られてもいいではないか?私は見せることができる。たぶん先生たちは心の中で私を褒めたり、感謝したり、認めてくれるだろう(私の頭もかなり可愛いですね🤭)?」結局、私は幸いにもこれらの断片に導かれることはありませんでした。先生たちと私が同じ空間にいたとき、私が以前一人で踊っていた時と何の違いもありませんでした。私は引き続き断固として集中して、なぜかの儀式を完了しました。


プロセスには涙の流れもありましたが、時にはしゃくりあげるようなものでしたが、体は絶えず動いていました。そのようにして、自分自身をずっと観察し続けました... ある瞬間には、まるで私の身体と心に付着した何らかの薄い膜や外衣を剥がし、取り除くような感覚さえ感じました。


その後、家に帰った数日間、私はその時の流れを再現しようと試みましたが、すぐにそれがまったく異なる感覚であることに気づきました。私はそれを再び再現することはできませんでした。それは複製することができませんでした。それはその瞬間の贈り物でした。しかし同時に、その贈り物はすでに私の人生に現れていました😌(だから再現する必要はありません)。


/


さらに、授業後の一週間で、私の体はかつてない「自己解毒」現象を経験しました。私は経血のような物質を継続して排出しましたが、特に暗くて粘り気のあるものでしたが、不快感は伴いませんでした(確かに月経ではなく、裂傷もありませんでした)。この状況に気づいたにもかかわらず、私はパニックになりませんでした。しかし、このような状況がこれまでになかったので、先生に尋ねました。


Kumar:「今回の授業は以前よりも強烈でした。まず、体にいくつかの傷や炎症反応を残した可能性があります。次に、今回の陽性エネルギーの強烈な表現は、何らかの内部変化の意味を持っているかもしれません。また、古くて変化を待っていたエネルギーがいくつか剥がれ落ちた可能性もあります。時には体もこのような変化を反映することがあります。


体を感じ、聞いて、これらの変化の源を見つけるためにもう少し時間をかけることをお勧めします。もちろん、いくつかの非常に明らかな身体的な不快感が続く場合は、医者に診てもらう方が安全です。


起こったことを急いで良い悪いに分類したり、問題として定義したりするのではなく、ただ実際に感じ、受け入れ、身体があなたに示す答えを Geduldig に待つことを試みてください。」

コメント


今日焦點
追蹤
  • Facebook Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page